無料プレゼント

【勝負運をも味方に成長す】

一生の運動神経が決ると言

われるゴールデンエイジ期

小学2~5年生期・中学期、

心・技・体・徳・夢の5軸強化

スポーツサイエンス~最新

心理学、メンタルコーチング

世界のアスリートを目指し

真剣勝負での成長を通じて

アジア世界リーダーへ!

2011
1月
12

●【信念(ビリーフ)】

信念は、体験によってつくられると言われます。

体験(認知)は人によって、ばらばらです
厳密には同じ場にいても、目線や聞こえ方、その時の生活状況
いままでの生育環境が違うので、感じ方も
まったく、同じ体験(認知)をする人はいないのです。

信念と聞くと、ビジネスや、スポーツの世界では
美談として語られることが多いようです。

しかし信念(ビリーフ)って、
本人が気づいているか、いないかに関わらず
マイナス的な思い込みの、信念(ビリーフ)もあるのです。

私って、○○となるとダメなのよねー。
僕は秋になると、風邪をひきやすい体質なんです。

●それって本当かな例外は?

【練習はウソをつかない】・・・最近は学生の中でも言われます。

素晴らしい言葉です。しかし
これ練習をやみくもにすれば、勝つという意味ではないのですね。
学生のうちは確かに、絶対的な、量をこなす時期が必要です。

わたしも20代の頃まで、父から
投手は人の3倍の練習が必要と、指導されていたこともあり・・・

チーム全体での(朝練習の前に)、
自主的にランニングなど、朝練習を続けていました。

ただ【仕事でも、そうであるように】
絶対的な量をこなす事で、ある時点で質に転換してくる時期があるのです。
これを自分自身で感じ取ることが大切です。
恐らく語ったアスリートもわかった上での発言ですが

少年野球でも
若い指導者や、一般の父兄にスイッチが入った時、
試合前に通常の倍練習したところで、逆に疲労から実力が出せず負けます。
若い時代は、育成期間だから勝敗より・・・・
とい人もいますが、(これもビリーフです)

アスリートととしてある時期、子供を経験させたいなら
これは残念ながら甘い考えのようです。
勝つ事で自信を持たせなくては、いけない試合もあるのですね。

事実、例外は抜きに小学生・高学年時の経験は、
メンタルトレーニング、選手としてのセルフイメージをつくり上げる
時期に、大きく影響してきます。

また、社会人の親睦系チームであろうと
親睦と、勝敗の成果は、ある程度両立させることも出来るのです。
監督マネージメントの力量でもありますが、
ここは取らなくてはいけない試合では、

体力の山谷を仕掛けた上で、
むしろセラピーなどでリラックスさせてあげて
メンタルトレーニングで自信とコンディションを整える
そして、早めに練習を切り上げるのが、いいのかも知れません。

イチロー選手が言うように、練習は間違った、
錯覚をおこさせる事もあるのです。
スランプに入ると、切なく苦しい脱皮の時期に入りますが
むしろ練習量のみに依存してしまうと、それが原因で、
悪循環になっていく事もあるのです。

たしかにこれらもビジネスやスポーツの中で
経験・体験したからこそリアルに思考できるのですが、
その時、マイナスになっている信念(ビリーフ)に気づく、

目標への時間軸と、過去の体験から、
今、どうゆう信念をもたすか・・・
これはトレーナーの力量なのかもしれません。

このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by アンディーノブ
«  ●【信念(ビリーフ)】  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

特別プレゼント

プレゼントは終了していますが

フェイスブックより更新情報を確認できます。

★★★★いいねがついてます。
ベースボール型スポーツを120倍楽しむ方法! | Facebookページも宣伝

プロフィール

◎ここ一番★に強くなる!


★アジア世界のリーダーへ!

常総学院(硬式野球部)時代に

エース投手として甲子園出場2、

実業団HONDA硬式野球部OB

ホンダ 硬式野球部にて プレー後

同実業団ファーストピッチソフト

ボール他ベースボール型スポーツ

選手コーチ指導者として国際大会

全国大会日本リーグ他幅広く経験

エンジニア転身後 自動車メーカー

ホンダにて研究開発チームにてプロ

ジェクトリーダー経験時、本格的に

ビジネスコーチングを学んだのを機

に大学にて各領域心理学~カウンセ

リング法・NLP・セラピー世界先端

メンタルコーチング法を学ぶⅡⅢ種

メンタルヘルス・マネージメント資格

(財)日本体育協会 公認上級指導者

社会人監督を8年経験し中央大会

出場後、後継者に引き継ぎ2012年

地元地域の子供達へむけて、新たに

埼玉川越に少年野球チームを結成。

地域の方々のあたたかいご支援、

父母野球関係者のご協力に感謝の中

現在.総監督として活動を推進中!

-☆

アンディーノブ・(^_-)☆

おすすめ












 

最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

    コメントはありません

タグクラウド

相互リンク

RSSリーダー

  • このブログを myyahoo に追加
  • このブログを GoogleRSS に追加
  • このブログを ハテナRSS に追加
  • このブログを Livedoor RSS に追加
  • このブログを goo RSS に追加