無料プレゼント

【勝負運をも味方に成長す】

一生の運動神経が決ると言

われるゴールデンエイジ期

小学2~5年生期・中学期、

心・技・体・徳・夢の5軸強化

スポーツサイエンス~最新

心理学、メンタルコーチング

世界のアスリートを目指し

真剣勝負での成長を通じて

アジア世界リーダーへ!

2010
4月
30

●【発達の最近接領域】

私のライフワークでもある、
☆パワースポット・ドライブ、週末に子供と秩父まで行ってきました。

ほんと大地の息吹にふれ、大自然の中で自分と対話していると
感性と生命の蘇りを感じることが出来ますね。

そしていつしか、萎えた気の枯れが祓われ、
生かされている事を思いだし、感謝の極まりから、
恍惚とした充実感と、
蘇りの息吹に満たされていくのです。

秩父を越え、ダムを越えて奥秩父まで入っていくと
三峰神社には、ヤマトタケルノミコトの大きな像があります。
そこを下ったあたりに、極真空手の大山増達碑があるのですが

空手の達人、死ぬ間際の著書に
いまだに手の握りに、疑問を持つといわれていました。
極めても極めきれないと!

心理学の中には、発達心理学という領域がります。
これは子どもの成長を意味することが多いのですが、
心理学の領域では、発達を一生涯続くものとして考えます。

ロシアの心理学者のヴィゴツキーは、人間の精神・発達は社会的活動と
人との出会いから、的確なコミュニケーションがあって、
大きく発達すると考えました。

○発達の最近接領域

最近接領域というのは、子どもの発達状態を判断するためには、
・子どもが自力で問題解決できる現時点での発達水準と、
・他者からの援助やサポート、コーチにより解決可能となる潜在的な発達水準、
実はこの2つの範囲、領域のことを発達の最近接領域とよんでいます。

その子(人)が持っている成長可能性とでも言えるのです。
ちなみに勝負の世界での洞察力の差は、そのまま勝負の結果に影響します。

敵を知り、己を知れば~の言葉もありますが、子供の人の成長をサポートするに

老子にある「和光同塵」の教えにもあるように

ティーチング・コーチングでの対応も変化してくるのです。
それを可能にするには、最低限
その子その人の【技の見切り】があるからこそ、可能になってきます。

適度な難易度の、技術テーマと練習が提示でき、
適度なサポートを施すことが出来るのです。

●指導者も、日々己と向き合って、精進する事が大切なるのですね。
そして共に、技術的にも精神的にも成長することができるのです。

このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by アンディーノブ
«  ●【発達の最近接領域】  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

特別プレゼント

プレゼントは終了していますが

フェイスブックより更新情報を確認できます。

★★★★いいねがついてます。
ベースボール型スポーツを120倍楽しむ方法! | Facebookページも宣伝

プロフィール

◎ここ一番★に強くなる!


★アジア世界のリーダーへ!

常総学院(硬式野球部)時代に

エース投手として甲子園出場2、

実業団HONDA硬式野球部OB

ホンダ 硬式野球部にて プレー後

同実業団ファーストピッチソフト

ボール他ベースボール型スポーツ

選手コーチ指導者として国際大会

全国大会日本リーグ他幅広く経験

エンジニア転身後 自動車メーカー

ホンダにて研究開発チームにてプロ

ジェクトリーダー経験時、本格的に

ビジネスコーチングを学んだのを機

に大学にて各領域心理学~カウンセ

リング法・NLP・セラピー世界先端

メンタルコーチング法を学ぶⅡⅢ種

メンタルヘルス・マネージメント資格

(財)日本体育協会 公認上級指導者

社会人監督を8年経験し中央大会

出場後、後継者に引き継ぎ2012年

地元地域の子供達へむけて、新たに

埼玉川越に少年野球チームを結成。

地域の方々のあたたかいご支援、

父母野球関係者のご協力に感謝の中

現在.総監督として活動を推進中!

-☆

アンディーノブ・(^_-)☆

おすすめ












 

最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

    コメントはありません

タグクラウド

相互リンク

RSSリーダー

  • このブログを myyahoo に追加
  • このブログを GoogleRSS に追加
  • このブログを ハテナRSS に追加
  • このブログを Livedoor RSS に追加
  • このブログを goo RSS に追加