無料プレゼント

【勝負運をも味方に成長す】

一生の運動神経が決ると言

われるゴールデンエイジ期

小学2~5年生期・中学期、

心・技・体・徳・夢の5軸強化

スポーツサイエンス~最新

心理学、メンタルコーチング

世界のアスリートを目指し

真剣勝負での成長を通じて

アジア世界リーダーへ!

2011
4月
27

●【言語相対性仮説】

野球の投手、(ドロップ)という球種があります。
曲がり大きなスロー・カーブ系の事を称して一般的には言われます。

私自身、硬式野球部から(革)ファーストピッチソフトボール競技に
移籍した際、日本リーグ・ファーストピッチのソフトボールの投手と、
(ドロップ)の球種の使い方、配球について話しをした時に、
なにか大きく食い違うものを、感じた事があったのです。

ストレートと、ドロップとの違いが見分けづらい打者!?、
ドロップは緩急をつける球種!?・・・と話すのですが
何か違和感に気づくのです、何か話しが食違っている。

結論を言えば、(ドロップ)といわれる球種は
野球のスローカーブ系(ドロップ)と違い、ソフトボールでいう(ドロップ)
は、ファーストボール系で、高速の変化球だったのです。

同じ言葉・言語(ドロップ)ですが、イメージしている
世界と、思考しているものが違ったのです。

そこで、
心理学の中には、言語相対性の説というのがあります。
ベンジャミン・ウォーフが唱えた理論であり、
人はものを思考するとき、言語をつかって行われる。
言語によって、そのものに対する認知・思考は
大きく影響されるということを体系化した説なのです。

●頭の中で、言語を使わずに、明日の予定を考えてみてください!
・・・ちょっと面倒で、難しいです(笑)。

(オレロンの実験では非言語での思考も存在するという報告もあるのですが)

いずれにしても、私たちが物を考えるときに言語を媒介(道具)として、
使用している事も否めない事実であり、何かを思考するときに言語がある事によ
って、
より複雑な思考が可能になるのですね。

自動車や電気製品の各マニュアルなどは、各国にごとに作成されます。
各国の、言語対応させるのにはコストが掛かるのです。
近未来は3D・リアルバーチャル(アニメーション)と数字だけで、
コミニケーションをする時代がくる!?
かもしれません。

このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by アンディーノブ

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

特別プレゼント

プレゼントは終了していますが

フェイスブックより更新情報を確認できます。

★★★★いいねがついてます。
ベースボール型スポーツを120倍楽しむ方法! | Facebookページも宣伝

プロフィール

◎ここ一番★に強くなる!


★アジア世界のリーダーへ!

常総学院(硬式野球部)時代に

エース投手として甲子園出場2、

実業団HONDA硬式野球部OB

ホンダ 硬式野球部にて プレー後

同実業団ファーストピッチソフト

ボール他ベースボール型スポーツ

選手コーチ指導者として国際大会

全国大会日本リーグ他幅広く経験

エンジニア転身後 自動車メーカー

ホンダにて研究開発チームにてプロ

ジェクトリーダー経験時、本格的に

ビジネスコーチングを学んだのを機

に大学にて各領域心理学~カウンセ

リング法・NLP・セラピー世界先端

メンタルコーチング法を学ぶⅡⅢ種

メンタルヘルス・マネージメント資格

(財)日本体育協会 公認上級指導者

社会人監督を8年経験し中央大会

出場後、後継者に引き継ぎ2012年

地元地域の子供達へむけて、新たに

埼玉川越に少年野球チームを結成。

地域の方々のあたたかいご支援、

父母野球関係者のご協力に感謝の中

現在.総監督として活動を推進中!

-☆

アンディーノブ・(^_-)☆

おすすめ












 

最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

    コメントはありません

タグクラウド

相互リンク

RSSリーダー

  • このブログを myyahoo に追加
  • このブログを GoogleRSS に追加
  • このブログを ハテナRSS に追加
  • このブログを Livedoor RSS に追加
  • このブログを goo RSS に追加