無料プレゼント

【勝負運をも味方に成長す】

一生の運動神経が決ると言

われるゴールデンエイジ期

小学2~5年生期・中学期、

心・技・体・徳・夢の5軸強化

スポーツサイエンス~最新

心理学、メンタルコーチング

世界のアスリートを目指し

真剣勝負での成長を通じて

アジア世界リーダーへ!

2010
5月
13

●【遺伝と環境の相互作用】

ベースボール・アメリカ大リーグ
メジャーリーガーのケングリフィーJr、父親は1970年代にレッズで
ビッグレッドマシンの一員として活躍したケン・グリフィー・シニアで親子なの
です。
日本でも、父をプロ野球選手に持つ選手がいます。

彼らは遺伝で生まれながらに素質があったのでしょうか!?
それとも環境がそうさせたのでしょうか!?

ゴルフの世界ではプロのレベルを越えるようになると、
実力の差はほとんど、ないといわれます。
メンタル・心の領域の発達成熟度も勝負におおきく、
影響をおよぼすようになるのです。

その発達心理学の分野では、
遺伝(氏)と、環境(育ち)のテーマは、
発達心理学において最も重要なテーマの一つです。

ある心の特性が、遺伝的要因によって決まるのか、
環境的要因によって決まるのか。

数多くの論争がなされてきたのです。
現在では遺伝、環境の両方の要因を受けるものである
という事で落ち着いているものの、

それは互いに独立して影響を与えそれが総合され発達、知能や
性格特質としてあらわれるという説、
遺伝と環境が互いに影響しあって発達に影響を与えるとした
相互作用説の立場に立ったものがあるのです。

このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by アンディーノブ
«  ●【遺伝と環境の相互作用】  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

特別プレゼント

プレゼントは終了していますが

フェイスブックより更新情報を確認できます。

★★★★いいねがついてます。
ベースボール型スポーツを120倍楽しむ方法! | Facebookページも宣伝

プロフィール

◎ここ一番★に強くなる!


★アジア世界のリーダーへ!

常総学院(硬式野球部)時代に

エース投手として甲子園出場2、

実業団HONDA硬式野球部OB

ホンダ 硬式野球部にて プレー後

同実業団ファーストピッチソフト

ボール他ベースボール型スポーツ

選手コーチ指導者として国際大会

全国大会日本リーグ他幅広く経験

エンジニア転身後 自動車メーカー

ホンダにて研究開発チームにてプロ

ジェクトリーダー経験時、本格的に

ビジネスコーチングを学んだのを機

に大学にて各領域心理学~カウンセ

リング法・NLP・セラピー世界先端

メンタルコーチング法を学ぶⅡⅢ種

メンタルヘルス・マネージメント資格

(財)日本体育協会 公認上級指導者

社会人監督を8年経験し中央大会

出場後、後継者に引き継ぎ2012年

地元地域の子供達へむけて、新たに

埼玉川越に少年野球チームを結成。

地域の方々のあたたかいご支援、

父母野球関係者のご協力に感謝の中

現在.総監督として活動を推進中!

-☆

アンディーノブ・(^_-)☆

おすすめ












 

最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

    コメントはありません

タグクラウド

相互リンク

RSSリーダー

  • このブログを myyahoo に追加
  • このブログを GoogleRSS に追加
  • このブログを ハテナRSS に追加
  • このブログを Livedoor RSS に追加
  • このブログを goo RSS に追加