無料プレゼント

【勝負運をも味方に成長す】

一生の運動神経が決ると言

われるゴールデンエイジ期

小学2~5年生期・中学期、

心・技・体・徳・夢の5軸強化

スポーツサイエンス~最新

心理学、メンタルコーチング

世界のアスリートを目指し

真剣勝負での成長を通じて

アジア世界リーダーへ!

2011
2月
16

●【キャリブレーション】 

野球のピッチャーとして技術を磨く段階において、
当時の監督より、こんなテーマをもらいました。

打者をみて感じて⇒【初球に、見逃しのストライクをとれ】。

試合中、一人一人の打席に入ってくる打者を観察し、
狙い球を見抜いて、
逆のコース・球種で、見逃しのストライクを取りにいく。

例え、ボールに力があってストライクでも、
打者にバットを振られては
ファールになってしまいます(見逃しでない)。

ある期間こうしてピッチング(試合)を行ったお陰で
勝負をしていても、
熱くなりすぎずに打者を、観る事が出来るようになりました。

エンジニアになって、
HONDAで学んだ中に、技術者は、
【見るでなく】⇒【観る事が出来る】ようになりなさいと指導されます。
それには日々のトラブルを傍観者でなく、当事者として捉え、
目の前で実際に苦労した、経験の数を増やせといわれます。

車のデザイン完成車を、光を当てるだけで、ミクロンの歪みを見つけだし
的確な工程改善が出来るようになり。
設計組み図の段階で、応力集中、繰り返し疲労を回避して
安全に考慮することが出来るのです。

話しが脱線しました・・・
NLPでは、キャリブレーションといわれるものがあります。
相手の心理状態を言語以外、サインで認識する心理学テクニックを指します。

コミニケーションの中で、
非言語的な微妙な反応、変化から、心の状態を読み取るのです。

例えば、何か心配ごとや、試合前の緊張状態にある場合、
口では「大丈夫」と言っていても、
声のトーンや、顔表情、様子から相手の心理状態が見て取れる事があると思いま
す。
(例)緊張してませんよと・・・!緊張している。

キャリブレーション能力を高めるためには、相手の顔の状態、
呼吸の深さ・浅さ・スピード、顔の色、目の動き、体のリズム、
声のトーンなどに気づき、そして全体的に感じとれるようになる事で、
使いこなせるレベルになるようです。
(目が・・・、動きが・・と言っている段階では、まだ不自然なのですね)

NLP のみならず、カウンセリング、コーチング、セラピーなど
非言語コミニケーションは、
日常のコミュニケーションでも非常に有効に使えるのです。

このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by アンディーノブ
«  ●【キャリブレーション】   »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

特別プレゼント

プレゼントは終了していますが

フェイスブックより更新情報を確認できます。

★★★★いいねがついてます。
ベースボール型スポーツを120倍楽しむ方法! | Facebookページも宣伝

プロフィール

◎ここ一番★に強くなる!


★アジア世界のリーダーへ!

常総学院(硬式野球部)時代に

エース投手として甲子園出場2、

実業団HONDA硬式野球部OB

ホンダ 硬式野球部にて プレー後

同実業団ファーストピッチソフト

ボール他ベースボール型スポーツ

選手コーチ指導者として国際大会

全国大会日本リーグ他幅広く経験

エンジニア転身後 自動車メーカー

ホンダにて研究開発チームにてプロ

ジェクトリーダー経験時、本格的に

ビジネスコーチングを学んだのを機

に大学にて各領域心理学~カウンセ

リング法・NLP・セラピー世界先端

メンタルコーチング法を学ぶⅡⅢ種

メンタルヘルス・マネージメント資格

(財)日本体育協会 公認上級指導者

社会人監督を8年経験し中央大会

出場後、後継者に引き継ぎ2012年

地元地域の子供達へむけて、新たに

埼玉川越に少年野球チームを結成。

地域の方々のあたたかいご支援、

父母野球関係者のご協力に感謝の中

現在.総監督として活動を推進中!

-☆

アンディーノブ・(^_-)☆

おすすめ












 

最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

    コメントはありません

タグクラウド

相互リンク

RSSリーダー

  • このブログを myyahoo に追加
  • このブログを GoogleRSS に追加
  • このブログを ハテナRSS に追加
  • このブログを Livedoor RSS に追加
  • このブログを goo RSS に追加