無料プレゼント

【勝負運をも味方に成長す】

一生の運動神経が決ると言

われるゴールデンエイジ期

小学2~5年生期・中学期、

心・技・体・徳・夢の5軸強化

スポーツサイエンス~最新

心理学、メンタルコーチング

世界のアスリートを目指し

真剣勝負での成長を通じて

アジア世界リーダーへ!

2010
11月
19

投手技術・技量の進化と、リーダーとしての役割

野球や、ファーストピッチ・ソフトボールにおける

(ハード系)ピッチング・ピッチャーの5大要素としては、、

  ①コントロール、  ②キレ、  ③スピード、  ④緩急、  ⑤スタミナ

これがそのレベルで出来れば、リトルリーグでも、メジャーリーグでも、

ゲームをつくるピッチングができるのです。

先日は、何人かの後輩が出場している事もあって、

明治神宮大会(硬式野球・大学)に行ってきました。 

ドラフトで話題になった、

斉藤祐樹(投手)も観てきましたが、高校時代に比べて

大石投手の影響か、スピードボールにおいての力みからくる、前足の開き

腰のタメの効きが、分散されているのが気になりました。

なんせ高校時代の決勝戦では、恐ろしく脱力されたフォームからの

スピードボールは、打席では一層早く感じられたと思うのです。

おそらくプロでは、ビデオでのフォーム解析をしていくでしょうし、

技術それより、無形の期待や主将としての役割から解放され、大学時代より

伸び伸びとした、数段上の同投手が、観戦できそうですね。

上記の①~⑤のトータル・バランスは、素晴らしものがあります。

たしかに大石投手の(ズドーンとくる)速球の方は、威力はあります。

強化された下半身、ステップした足が効いているので、TOPからの

腕(先端)の振りが、速いのです。

最近は昔に比べて、肩の力に任せて、

スピードを出す投手が少なくなっているのは、最近の傾向ですが、、

このコツをつかむには、最低でも10年の硬式での

投手経験が必要です。

これが野手のボールと、投手の投げる【ボールの質の差】、になってくるのです。

また、肩やひじへの、負担軽減にもなっているのですね・・・。


今回は、大学時代どのような進化をめざしたのか、プロにいく前に観ておく必要があったので

私においても、充実した日になりました。

どうしてもこれは、テレビの画面だけ本人の話しだけでは解りませんので

緊迫した試合ではもちろん、フォーミングアップの小さな動きから、感じる事ができるのです。

競技者は、体が反応してくるのですね。

応援はもちろんですが、彼らがス―パースターとして経験してきた事をいかに

これからの子供たちの、メンタルトレーニング指導やコーチングに生かしていくのかが大切ですので・・・

 

東海大学の投手も、来年は楽しみですね。

上記した、【投手特有のボールの質】・・・この体得の事を考え

同投手のように、高校野球甲子園で、投手として勝負するということを

時間軸のみ(だけ)で考えた場合、小学生の段階で【硬式球】でプレーに触れる事は

あり・・だと思います。

もちろん野球肘の事(メディカル)・燃え尽き予防(メンタル)サポートは当然ですが・・・。

このあたりは、また次回に。




このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by アンディーノブ
«  投手技術・技量の進化と、リーダーとしての役割  »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

特別プレゼント

プレゼントは終了していますが

フェイスブックより更新情報を確認できます。

★★★★いいねがついてます。
ベースボール型スポーツを120倍楽しむ方法! | Facebookページも宣伝

プロフィール

◎ここ一番★に強くなる!


★アジア世界のリーダーへ!

常総学院(硬式野球部)時代に

エース投手として甲子園出場2、

実業団HONDA硬式野球部OB

ホンダ 硬式野球部にて プレー後

同実業団ファーストピッチソフト

ボール他ベースボール型スポーツ

選手コーチ指導者として国際大会

全国大会日本リーグ他幅広く経験

エンジニア転身後 自動車メーカー

ホンダにて研究開発チームにてプロ

ジェクトリーダー経験時、本格的に

ビジネスコーチングを学んだのを機

に大学にて各領域心理学~カウンセ

リング法・NLP・セラピー世界先端

メンタルコーチング法を学ぶⅡⅢ種

メンタルヘルス・マネージメント資格

(財)日本体育協会 公認上級指導者

社会人監督を8年経験し中央大会

出場後、後継者に引き継ぎ2012年

地元地域の子供達へむけて、新たに

埼玉川越に少年野球チームを結成。

地域の方々のあたたかいご支援、

父母野球関係者のご協力に感謝の中

現在.総監督として活動を推進中!

-☆

アンディーノブ・(^_-)☆

おすすめ












 

最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

    コメントはありません

タグクラウド

相互リンク

RSSリーダー

  • このブログを myyahoo に追加
  • このブログを GoogleRSS に追加
  • このブログを ハテナRSS に追加
  • このブログを Livedoor RSS に追加
  • このブログを goo RSS に追加