無料プレゼント

【勝負運をも味方に成長す】

一生の運動神経が決ると言

われるゴールデンエイジ期

小学2~5年生期・中学期、

心・技・体・徳・夢の5軸強化

スポーツサイエンス~最新

心理学、メンタルコーチング

世界のアスリートを目指し

真剣勝負での成長を通じて

アジア世界リーダーへ!

2008
1月
11

スポーツ・サイエンスの世界

スポーツサイエンス、いままで触れる事が出来なかった

スポーツの聖域に足を踏み入れるアメリカのTV。

◎メジャーリーグの直球の威力

vs

◎ぶつかり合う相撲力士の衝撃


◎アメリカンフットボールの、JerryRiceの補給技術の動解析。

これらスーパースター伝説の領域・世界を離れて、工学的理系

アプローチで解明していく。

スーパースターを科学の力をもって、育てることが出来るのか・・・

生体力学、最先端の技術を持って測定、解析を行っていく番組。

たとえば・・・

☆静電容量型接触センサーをフットボール選手に取り付け、キャッチ技術を測定。

☆慣性計測装置では、サッカー選手のキックスピードを測定。

☆バスケットのスーパースターには、滞空時間ハングタイムを解析。

技術の進歩によって、10年前までは不可能だった測定が可能になった現代。

実際、製造業の工場ライン設計でも、ヒューマン解析を行っているんですね(作業姿勢)

超高速度カメラはもちろん、激突テストの領域でも進化・気付きは

次元の違うものがあります。

番組中でも面白かったのは、

圧縮力を測定するため、エンジニアはロードセルを平らな表面の

裏側に設置、打撃をうけた衝撃を測定出来るようにした装置。

・メジャーリーガーの150kの速球と

・ソフトボールピッチャーJennie Finchの速球の衝撃力を比較したもの。

結果を言えば、速度は同じで質量は大きいが、ソフトボールの速球の方が、

生成する荷重は小さいという事なんだとか。(大きいため力が分散される!?とか・・・)

そして、測定技術の進歩のキーワードは無線ラン:

この辺の技術の進歩はまた後日に・・・。

このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by アンディーノブ

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

特別プレゼント

プレゼントは終了していますが

フェイスブックより更新情報を確認できます。

★★★★いいねがついてます。
ベースボール型スポーツを120倍楽しむ方法! | Facebookページも宣伝

プロフィール

◎ここ一番★に強くなる!


★アジア世界のリーダーへ!

常総学院(硬式野球部)時代に

エース投手として甲子園出場2、

実業団HONDA硬式野球部OB

ホンダ 硬式野球部にて プレー後

同実業団ファーストピッチソフト

ボール他ベースボール型スポーツ

選手コーチ指導者として国際大会

全国大会日本リーグ他幅広く経験

エンジニア転身後 自動車メーカー

ホンダにて研究開発チームにてプロ

ジェクトリーダー経験時、本格的に

ビジネスコーチングを学んだのを機

に大学にて各領域心理学~カウンセ

リング法・NLP・セラピー世界先端

メンタルコーチング法を学ぶⅡⅢ種

メンタルヘルス・マネージメント資格

(財)日本体育協会 公認上級指導者

社会人監督を8年経験し中央大会

出場後、後継者に引き継ぎ2012年

地元地域の子供達へむけて、新たに

埼玉川越に少年野球チームを結成。

地域の方々のあたたかいご支援、

父母野球関係者のご協力に感謝の中

現在.総監督として活動を推進中!

-☆

アンディーノブ・(^_-)☆

おすすめ












 

最新の記事

カテゴリー

最近のコメント

    コメントはありません

タグクラウド

相互リンク

RSSリーダー

  • このブログを myyahoo に追加
  • このブログを GoogleRSS に追加
  • このブログを ハテナRSS に追加
  • このブログを Livedoor RSS に追加
  • このブログを goo RSS に追加